天仙系列製品の発明者-王振国先生の紹介


王振国先生

現代医療と医薬品の開発がハイスピ−ドで発展している中、中国漢方薬がその特有の効能と低副作用の特徴でますます世界医学界に注目されています。天仙液系列製品はその中の最も代表的な漢方製品です。
多国のメディアに報道されている天仙液系列製品は中国の著名医学教授王振国先生から発明された系列製品です。 1988年に最初一種の製品が開発成功されてからすでに10余年が過ぎ、最初に市場に登場されてからもその優れた治療効果で中国政府に重視され、当時の国家 主席である江沢民氏は4回も王振国先生を会見し、天仙液系列製品の生


産現場や研究所を訪ね、自筆で「長白山薬物研究所」の名前を書き残しました。国からの期待や支援にもよりますが、 中国医学トップ研究機関の中国医学科学研究院薬物研究所や天津医薬科学研究所、大学附属病院などニ十数軒の医学研究機構に天仙製品に対する薬物試験や臨 床実験などが行われ、天仙製品の効能効果を明らかにされました。そのおかげで、天仙液系列製品は国家「七五(国の第七個五年計画)」期間中の重点科学技術研 究項目に認定されました。
天仙液系列製品は一躍脚光を浴びたのは十六年ほど前、1989年の第38回ユリカ世界発明博覧会で、天仙液系列製品の効果が認 められ、発明者の王振国先生は「世界個人研究最高発明賞」のほかに、「ベルギ王国栄誉賞」、「将軍勲章」、「騎士勲章」などの大賞を受賞し、世界中に知 られるようになりました。

「世界個人研究最高発明賞」を受賞 「ベルギ-王国栄勲章」を受賞

天仙液系列製品は開発成功後の十数年のなか、長白山薬物研究所を中心に、莫大の研究費用を投入し、従来の製品の基に沢山の薬理試験や新成分開発、薬物配合方法の研究などが行われ、製品の組方を大きく更新され、系列製品の種類も20種近くに増加されました。
医薬の研究と開発を継続的に進展すると同時に、国内の医療事業の発展に力を注げ、通化市振国腫瘍防治病院、珠海振国腫瘍康復病院、上海振国病院をの三軒がん治療専門病院を建設し、中国全土の各省、市に100軒以上の診療所を設立しました。

2002年1月10日、アメリカ、日本、台湾、香港、タイ、フィリピン、マレ−シア、などの国と区域から、数多くの患者が中国北京の“人民大会堂”に集め、「世界天仙製品使用者聯誼会(お祝い会)」が開催され、患者たちが21世紀を迎え、自分が天仙液製品を服用して健康回復し、新生命が得られた喜びを表し、治療経験を交流しました。

天仙液の発明者
江沢民国家主席と最初回の会面

  数々の国際大賞

天仙液系列製品の確実な治療効果が世界医学界に注目され、台湾、アメリカ、日本にも天仙製品に対する研究やシンポジウムが盛んに行われ、ノ−ベル医学賞受賞者、 アメリカの著名医学家カイティ・サイク氏まで長白山薬物研究所に訪ねることになりました。そして2002年5月に、王振国先生はアメリカ生物協会とアメリカがん 治療協会から両大賞を受賞しました。
科学の進歩と医学の発展につれて、漢方医薬の理論研究や製薬技術も日進月歩に発展することが言うまでもなく、それと同様、 天仙系列製品にも新たな突破があることを我々が確信しており、進歩と共にその科学性と先進性を表し、素晴らしい治療効果が世界中の患者に“福音”をもたらします。


  天仙液開発者の紹介
  発展中の振国医療事業
  GMPによる天仙液系列製品の製造
  『topペ−ジ』へ戻る